投資信託の真実

投資信託の真実

投資信託は自分が資金を運用するのではなく、その資金を業者側に渡して運用自体は業者側に任すという投資です。仕組み自体は複数の人間から資金集めてそれを運用し、取引した結果利益が出たら、その渡した金額に応じた配当金を渡してくれることになります。自分は取引と運用のことを考えなくてもいいため一見とても楽な投資だと思われますが、実はこの投資信託は投資をする上では最もおすすめできない種類の投資です。

その理由としてはやたら手数料が取られる頻度が多いということです。資金を渡すことになりますが、その資金は運用だけでなく取引した時の手数料や運用者の人件費に使われることにもなります。そのために渡した資金がそのまま配当金に影響するとは限らないのです。

そのために多く資金を渡したつもりが手数料や人件費で搾り取られてて配当金が出る頃には少額になっていたということもありえる話です。おまけに手数料は渡した資金によって変わってくるため、多く渡せば渡すほど実は逆に多く取られてしまうことになるのです。

もう1つはその代理者が必ず資金の運用をするに値する人物ではないということです。業者によっては専門家ではない代理者を置いているところもあるのです。専門家ではなく精通した人間でないと考えれば取引で利益が出る信憑性は限りなく低くなります。そしてそれに先ほどの手数料や人件費が圧し掛かってくるというおまけつきです。

もちろん中にはしっかりと専門家や精通した人間がやっているところもありますが、その業者は全体で見るとそこまで多くありません。そのためにその業者を探すこと自体が難しいことになっています。他人に任せて楽ができるという上手い話は存在しないということです。投資をこれから始めるのであれば投資信託以外を検討するようにしましょう。